プラセンタの働き

プラセンタ療法とは?

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、注射や内服などにより治療に用いる療法の総称を「プラセンタ療法」と言います。

このプラセンタ療法は、新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランスを調整、免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用を持っています。

そもそもプラセンタとは?

プラセンタは日本語でいうと胎盤のことです。

妊娠中の母体に臨時につくられる臓器で、胎児を母胎内で育てるために各種臓器を代行し、ホルモンの分泌や免疫機能の役割も果たします。

プラセンタと赤ちゃんがへその緒でつながって、プラセンタから赤ちゃんに色々なもの(細胞増殖因子や各種栄養など)を送ってあげる事で、お母さんのお腹の中で赤ちゃんは成長します。

プラセンタは様々な栄養を送っている

プラセンタ(胎盤)はたった1個の受精卵を約10ヶ月で赤ちゃんにまでつくり上げてくれるものなのです。

プラセンタは赤ちゃんの成長に欠かせないもの

プラセンタは、生活状況には大きな変化はないものの、ちょっとした痛みや苦しみ、倦怠感などの症状をお持ちの方にもおすすめです。

放っておくとそこから大きな疾患となる恐れもあります。

自覚症状とプラセンタの作用

実感には個人差がありますが、以下のような声を頂いています。

男性男性

  • 二日酔いを感じなくなった
  • 腰痛が気にならなくなった
  • 気持ちが明るくなり、体も軽く感じるようになった
  • 花粉症が緩和されてきた
  • 糖尿病が軽減された
  • 血圧が安定してきた
  • 吹き出物髭剃り負けもなくなった

女性女性

  • 月経痛が楽になった
  • 肌の調整が良くなった
  • 更年期障害が軽減された
  • 疲れにくく感じる
  • 冷え性が気にならなくなってきた
  • 風邪を引きにくくなってきている
  • 腰の痛みが楽になった

赤ちゃん子供

  • アトピー性皮膚炎が改善されてきた
  • アレルギー性鼻炎が軽減された
  • 喘息が治まってきた

ペットペット

  • 体力が回復し元気になった
  • 毛並やツヤが良くなった食欲が出てきた
  • 食欲が出てきた

 

プラセンタの効果でわかっているもの

プラセンタは細胞分裂促進、調整、栄養素の供給、各種臓器の代行を主に行うなど、人間をつくり上げるあらゆる事をしてくれます。

①細胞再生

1つの受精卵を60兆個の細胞に分裂させる事から、様々な細胞を分裂させます。

②コントロール

細胞分裂させるだけではなく、いらない細胞を調整したり、内分泌なども調整します。

③栄養素

人間に必要な栄養素がつまっています。

④各種臓器の代行

臓器がまだ未発達な胎児の臓器代行をします。

プラセンタの薬理作用

プラセンタの薬理作用は広範囲にわたり実証されています。

<厚生労働省が認めている薬理作用>
①免疫賦活作用
②基礎代謝向上作用
③自律神経調整作用
④強肝・解毒作用
⑤抗炎症作用
⑥内分泌調整作用
⑦活性酸素除去作用
⑧血行促進・造血作用

などがあり、多くの病気の治療、予防だけではなく、細胞分裂を促進する事で弱った部分の細胞を新しくしてくれることも考えられるため、美容、アンチエイジングにも使われています。

プランエイジへのお問合せ

プラセンタ療法を検討のクリニック、プラセンタ商材を導入したい健康・美容サロンの方もお問い合わせください。