「プラスリム-10」開発のきっかけ

代表髙橋が「プラスリム-10」を開発する事になったきっかけを動画でお伝えしています。

13年前にプラセンタ治療の権威、日本胎盤臨床医学会を立ち上げた吉田健太郎医師との出会いがあり、プラセンタに魅了されて今の自分があります。

最近では良い意味でも悪い意味でも「プラセンタ」という単語だけは世間に浸透したと思いますが、私は、流行り廃りの成分ではなく、安定した本物のプラセンタを皆さまにお届けすることが使命だと思っております。

以下をクリックしてご覧ください(1分40秒)

「プラスリム-10」の今後のビジョン・叶えたい事

当ブランド「PLAN-AGE」は年齢もプランニングする!がコンセプトです。

辛いダイエットはやめてほしい、健康を害しては元も子もありません。

「健康で美しくなりたい!」と願うポジティブな心にプラスリムがお役に立てると信じております。

以下をクリックしてご覧ください。(1分23秒)

お問い合わせはこちらから

プラセンタ療法を導入していきたい医療・美容関係の方もお問い合わせください。