当プランエイジではクリニックで保険適用薬のプラセンタ注射の卸営業をしております。プラセンタ注射を導入していきたいクリニックの方やご質問等のお問合せもお気軽にご連絡ください。お問合せフォームはこちらから

プラセンタ注射薬とは?

プラセンタ注射薬とは、医療用として、厚生労働省で医薬品として認可されているものになります。

厚生労働省で承認されているプラセンタ注射薬は、メルスモンとラエンネックの2つになります。

メルスモン・・・更年期障害、乳汁分泌不全の保険適応薬
ラエンネック・・・慢性肝疾患における肝機能改善の保険適応薬

更年期障害や、慢性肝疾患治療のために保険適応が認められおり、美容目的などでは保険適応の対象外となります。

プラセンタ注射薬の歴史

プラセンタ注射薬は、1956年に更年期障害・乳分泌不全の改善にメルスモン注射薬、1959年に慢性肝機能障害の改善にラエンエック注射薬と、それぞれ保険適用薬として許可され、現在も使用され続けています。

そんなプラセンタ注射薬は、代替医療や再生医療でも活躍が期待される統合医療の申し子ともいえる存在なのです。

プラセンタ注射薬

昨今では、全身への様々な作用が確認され、更年期障害・肝機能障害以外の疾患や美容目的など、幅広く医療機関で使用されています。

昨今では、全身への様々な作用が確認され、幅広く医療機関で使用されています。

自然治癒力を高める

プラセンタが医療現場で幅広く用いられている最大の理由は、「自然治癒力」の強化と言えます。

自然治癒力とは、人間や動物が生まれながらにして持っている怪我や病気を治す力です。

軽い傷や風邪、疲労困憊したり、精神的に落ち込んでも時間が経つと回復する時に体内ではこの自然治癒力が働いています。

プラセンタがこの自然治癒力を強力に後押しして不調を慢性化させないように働いてくれていると注目を集めています。

プラセンタ療法は用途が広い

医薬品は、特定の症状を抑えるために用いられます。

たとえば、頭痛薬、下痢、解熱剤などを他の病状には使いません。

しかし、プラセンタでは幾多の病気や症状に効果を発揮しています。

これは、プラセンタが持つ「自然治癒力」によるもので、原因や症状は様々でも正常な体調に戻そうする働きが念頭にあります。

プラセンタが良く効く病気や効果については、全国の医師が集まるプラセンタの学会がまとめた「プランタの薬理作用」で詳しく解説しています。

プラセンタ注射の危険性について

現在、日本国内で使用されている注射薬は、徹底的な加熱・高圧蒸気減菌処理を行う事で、各種ウィルスや細菌・異常プリオンは含有しておらず、十分な安全性は確保されています。

これまで重大な副作用の報告がないこともプラセンタの特徴です。

また、当社で取扱うサプリメント・化粧品におきましても、品質・安全面などを重視した原料を使用しているため、老若男女問わずどなたでも安心してご使用いただけます。

献血について

プラセンタ注射を打つと、現時点では献血が行えないとしております。

注射薬はヒトの胎盤を原料としており、念のための措置として献血制限をするとしました。

現在のところ感染した人はいませんが、変異型クロイツフェルトヤコブ病の伝播リスクが理論的に否定できないということです。

ただ、輸血や点滴は受けられます。

サプリメントや化粧品は、主にブタやウマの胎盤を使用している為、献血制限はありませんのでご安心ください。

プラセンタ注射薬の頻度

プラセンタ注射をする頻度は、目的や重症度によって変わりますが、以下が目安となります。

通院が難しい方には、医科専売品のサプリメントをお勧めします。

始めのうちは 効果を維持するために
プラセンタ注射の場合 週2~3回
(症状によって量や回数を調整。毎日でも可)
週1~2回
サプリメントの場合 1日4~6カプセル

※効果には個人差があります。注射とサプリメントを併用するなどして、ご自身に合った摂取方法をお勧めします。

プラセンタ注射薬の替わりのサプリメント

プラセンタ注射が出来るクリニックがお近くにない、もしくは行く時間のない方には、飲むだけのサプリメント、医科専売品のものをお勧めします。

1日分4カプセルで、おおよそプラセンタ注射薬2アンプルに相当します。

(※吸収効率の差がありますので、即効性は注射、持続性はサプリメントとも言われております。)

ダイエットも気になる方はプラスリム

プラスリム‐10」はクリニックで取扱いのプラセンタが元となり、ダイエットサポートの成分も配合したプランエイジのオリジナルです。

プラスリム‐10の配合成分

プラスリム‐10の詳細はこちら

プランエイジへのお問合せ

プラセンタ療法を検討のクリニック、プラセンタ商材を導入したい健康・美容サロンの方もお問い合わせください。